記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレッフィ軸状態異常サイクル

ここ最近対戦する機会が殆どなく脱力していたところ、フォロワーのりんくんから声をかけられ3人1組のチーム戦で行う「夜明け杯」にチーム『摩天楼』の大将として参加させていただきました。
2-2で予選落ちという結果には終わりましたが、久々のガチ対戦はやはり熱くて楽しかったです。
それでは今回使ったパーティを紹介します。

lucario-mega s
ルカリオ@ルカリオナイト 正義の心 → 適応力
陽気 H12 A244 S252
メガ前 147-161-90-121-90-156
メガ後 147-196-108-144-90-180

インファイト / 剣の舞
神速 / バレットパンチ or 地震

エース。レートやフレ戦で試運転してた時色々技を変えたり、しまいには控え目悪波搭載などといった気でも狂ったような型も試してはみましたがなかなか思うように決まらず、結局は原案通りの技構成で臨みました。
パーティ単位でギルガルドの処理に悩まされたのでバレットパンチを地震に変えるのもアリかもしれません。
気合玉をしっかり避けてくれる辺り、さすがは同じ心で繋がった相棒。

klefki.gif
クレッフィ@ゴツゴツメット 悪戯心
図太い HB252 D4
164-x-157-x-108-95

電磁波 / イカサマ
電磁浮遊 / 毒々

「何でも屋」。ガブリアスやランドロスをカモにしたり、ガルーラに削りを入れたり、ゲンガーなど特殊に電磁波を入れたりと仕事できる範囲が広く強いと感じました。余談ですが、ルカリオや後述する霊獣ボルトロス・ゲンガー・マリルリとの並びで壁展開が連想される事があるようです。

gengar-mega.gif
ゲンガー@ゲンガナイト 明らかに地に足ついてるのに何故か浮遊 → 影踏み
臆病 H188 BC4 D60 S252
メガ前 159-x-81-151-103-178
メガ後 159-x-101-191-123-200

身代わり / 道連れ
シャドーボール / 滅びの歌

第二メガ。単体性能が高く誤魔化し枠としても強いので困った時はこのポケモンを選出すれば何かしらの仕事をしてくれます、さすがは6世代最強の一角。
ルカリオの技構成の都合でピクシーなどに勝てないので、詰ませにくるポケモンを確実に屠るために身代わり滅び型を採用。

thundurus-therian.gif
ボルトロス(霊獣)@拘りスカーフ 蓄電
控え目 H180 B72 C116 S140
177-x-99-198-100-139(理想値前提の場合)

10万ボルト / ボルトチェンジ
目覚めるパワー(氷) / 草結び or 焼き尽くす or 気合玉

電気無効枠。ボルトチェンジによる対面操作を行う事で、サイクル戦に於ける択の危険をある程度緩和してくれる歯車です。10万・ボルチェン・めざ氷まではほぼ確定、あと一枠は草結びを採用していましたが、ナットレイが重いので気合玉や焼き尽くすも一考。実は3回戦まで持ち物を持たせ忘れていた。

porygon2.gif
ポリゴン2@進化の輝石 ダウンロード
生意気
191-100-111-126-160-72 (非理想個体のため実数値のみ)

自己再生 / 冷凍ビーム
空元気 / 放電

厚い信頼を置ける特殊受け(だと思ってるんだから毎回麻痺ったり急所引いたりしないでくれ頼むよ)。僕が採用するパーティはなぜかいつも得てしてゲッコウガが辛くなるため、このポケモンがいるだけでかなりの安定性を感じます。厳選が間に合わなかったためS個体値29の妥協個体を使っていましたが特に支障は無かった模様。

azumarill.gif
マリルリ@オボンの実 力持ち
意地っ張り H132 A236 B4 D12 S124
192-110-101-x-102-86

アクアジェット / 馬鹿力
腹太鼓 / じゃれつく

ここまでバシャーモが重いので、水枠として自然に入るポケモンとしてマリルリ。いざという時は耐久系の並びを強引に破砕する駒でもあります。馬鹿力の枠はギルガルド意識で叩き落とすにしても良いのですが、代わりに余計にナットレイが無理になるので悩ましいですね。
3回戦でじゃれつくを外し負けた戦犯。

主な選出パターン
・対面構築系統
①ルカリオ+2(クレッフィ、ポリゴン2、ボルトロスの中から2匹)
②ゲンガー+ポリゴン2+マリルリ
・ガルクレセ
ゲンガーorクレッフィ+マリルリ+ポリゴン2
・マンダ軸
ボルトロス+クレッフィ+ポリゴン2orルカリオ
・受けループ
ボルトロス+ゲンガー+マリルリ

夜明け杯に於ける選出回数
ルカリオ 3/4
クレッフィ 1/4
ゲンガー 1/4
ボルトロス 2/4
ポリゴン2 4/4
マリルリ 1/4

軸であったはずのクレッフィの選出機会が()

戦績
チーム 2-2
個人 3-1

原案をくださったとろ~さん、今回チームに誘ってくれたりんくん、にせせぃくん、ボルトロスを貸してくださったClaudiaさん、夜明け杯運営のぷあるさん、LUNAさん、そして対戦相手の皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。