記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S13シングル】ランド展開ガルルカスタン【最高2122】

皆さんお久しぶりです!
前2シーズンはレートに潜る時間がなく、戦績も芳しくなかったため、「今期こそは2度目の2000超え、さらにその先を!!」という思いで時間を見つけては潜っていました。幾度となくスランプに陥り闇落ち(酷い時は400溶かした)を繰り返しましたが、皆さんの応援を受け1日で1590→2006へと辿り着く事が出来ました(試合数はとんでもないことになった)。そしてなんと、終了3日前には自身初のレート2100を達成する事に成功しました!!
今回はその時、1800以降のレート帯で使ったパーティを紹介したいと思います。



並びはよくあるボルトランド+ルカリオのサイクルパの並びですが、中身はステロランド始動の積みサイクルです。
(以下、個別解説)

lucario-mega s
ルカリオ@メガ石 正義の心→適応力
陽気 H12 A244 S252
インファイト / 冷凍パンチ
バレットパンチ / 剣の舞

いつもの。H12振りにする事で一般的なB4振りに比べ、意地ガッサのマッパを喰らった時の生存率が高くなります(乱数が18.8%→6.3%にズレる)。メインウェポンのインファに加え、ガルーラに氷技を搭載していないため攻撃範囲の補完で冷凍パンチ、浮いたゴーストに通るバレパン、抜き性能を上げる剣の舞を入れました。
2100チャレンジの一戦で熱湯の†3割†に打ち勝ち、僕を2100へと導いてくれた最高の相棒。

landorus-therian.gif
ランドロス(霊獣)@気合の襷 威嚇
陽気 H84 A172 S252
地震 / 岩石封じ
ステルスロック / 大爆発毒々
これまたいつもよく使う襷ランドロス。H振りなのはスカーフ個体の流用です。フォロワーの方の案で途中から大爆発の枠に毒々を入れましたが、今シーズンはクレセリアやカバルドンなど耐久ポケモンがそこそこ多かったため割と刺さった印象がありました。これで耐久系の並びに対しても、毒ダメ蓄積による擬似的な役割集中でルカリオを通しやすくなるのがポイント。ただ、突っ張ってくるマリルリなどを飛ばすために爆発が欲しい時もあり、それぞれ一長一短ですね(最終的には毒々に落ち着きました)。

thundurus.gif
ボルトロス(化身)@命の珠 悪戯心
臆病 H36 C220 S252
10万ボルト / 目覚めるパワー(氷)
ワロス気合玉 / 電磁波
一般的な珠ボルト。このパーティはゴツメ持ちなどといったガルーラ受けがいないため対面でガルーラに勝てる要素が少しでも多く求められると考え、草結びではなく気合玉を採用しました。外した時怒鳴って本当にすまん…
また、パーティ単位で相手のボルトロスの処理が安定しないのでミラーを意識して最速は切れない。H振りは実数値を159にする事以外に特に深い意味は無いので、普通にCS252で良いと思います。

kangaskhan-mega.gif
ガルーラ@メガ石 肝っ玉→親子愛
意地っ張り H4 A252 S252
秘密の力 / 不意打ち
地震 / グロウパンチ
第二のメガ枠で、補完として入ってきました。ルカリオで辛いギルガルドに対し、択を作らずに打てる地震を採用。ゲンガーに通らないのが難点ですが、クチートやドランにも打てるため便利です。技構成上、対面性能が大きく落ちるためルカリオに比べたら意外と選出率は高くなかったです。ちなみにこの枠は203ガルーラも候補に入ります。

aegislash.gif aegislash-blade.gif
ギルガルド@弱点保険 バトルスイッチ
意地っ張り H188 A236 B4 D12 S68
聖なる剣 / シャドークロー
影討ち / 剣の舞
汎用性の高い抜きエース。ボルトやガルーラが龍技で倒された時に死に出して起点にします。また、大体のブラッキーやマリルリを確実に上から叩けるようにSに多めに振り、ポリゴン2を意識してDL対策もしてあります。本来はピクシーを意識してアイへを搭載するのですが、今回はヤドランやブルンゲル、クレセリア辺りに通るシャドクロで。
これで受けループに多少なりとも強く出られます(勝てるとは言ってない)。

suicune.gif
スイクン@カゴの実 プレッシャー
図太い H252 B196 S60
熱湯 / 凍える風
瞑想 / 眠る
対クレセドラン枠。元はHS身代わり型でしたが、ある程度物理受けの機能を兼ねる事が出来るように図太い個体にしました。火力はそこまで必要ではないと感じたので、氷技は凍える風。ガルーラ同様、選出率は決して高くはないですが特にレート2000以降はクレセドラン+@(ガル、ヘラ、クチート)が多いと感じたので、このポケモンは選出圧力としても大きな役割を持っていたと思います。

基本選出
ランドボルトルカリオorガルド
ランドスイクンガルーラ
ボルトスイクン+ガルーラorルカリオ
この3通りが多かったです

バシャーモやミミロップが尋常でないほど重く(頼むからお前ら増えないでくれマジで)、特に最近増えた襷・ラムバシャーモ入りの対面構築に対し安定しなくなってきたため解散。今後使うならスイクンをゴツメに変えるなどした方が良いかもしれません。


2100到達と同時に潜るのを止めたため、最高・最終レート共に2104となります。
試験勉強も迫っているため一足先に終了させていただきました。

結局最終日にもう1試合潜りました。

最高・最終:2122

最高順位:58位

最終順位:61位

今後もレーティングやオフで良い結果を残すべく頑張っていきたいと思います。
ではご覧頂き、ありがとうございました^ ^

スポンサーサイト

コメント

No title

私もランド始動としたエースルカリオ、控えにボルトスイクンの並びはよく使用しています。

似たような並びで素晴らしい結果を残されているので、非常に参考になりました。

少し気になったのですが、ガッサやジャロ、マンムーが見えたときどのように行動しているのでしょうか?私はこれらが見えるとランドから指導できす、いつも苦戦を強いられています。また、襷こごかぜゲンガーも辛かったのですが、どのように対応されているのでしょうか?

お暇な時でいいので、ご教授頂けましたら幸いです。

Re: No title

ご覧いただきありがとうございます。

ご指摘の通り、このパーティではガッサやジャロ、マンムーがかなり重たいです。ガッサやマンムーに関しては初手ランドで対面からステロを撒き(ゲンガーに対しては岩封でランドを捨てる)、1匹持って行かれることを覚悟してでも無理矢理展開してました。その際は裏にガルーラを置くことが多いです。
ジャロが見えてる場合は可能な限り初手ボルトから入るようにして、最悪でも電磁波を撒ければ裏の2匹でなんとか頑張れる算段でした。
いずれも経験則からくるものであり特にマンムーに対してはスイクンの選出圧力頼みになる事も多々あって安定しないというのが本音で、ジャロやガッサがそれほど多くないS13だからこそ一定の勝ち星を拾えたと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。